Loading...

入れ歯・義歯

患者様に適した入れ歯をご提案させて頂きます。

入れ歯・義歯について

入れ歯・義歯

今お口に入れられている入れ歯に、外れやすい、話しづらい、バネが目立つ、しっかり噛めない、食事が美味しくない等のご不満がございませんか?

当院では、患者さまにきちんと適合した入れ歯を提供することによって、快適で充実した生活を送って頂きたいと考えています。近年、入れ歯(義歯)の種類も豊富になってきており、金属の無い入れ歯・義歯=「ノンクラスプデンチャー」などがあります。

当院では、総義歯から部分義歯まで、様々な入れ歯・義歯での治療の対応が可能ですので、入れ歯治療をお考えの患者様は、当院へご来院下さい。

本ページでは、金属の無い入れ歯(義歯)=「ノンクラスプデンチャー」などの詳細を掲載しておりますので、入れ歯・義歯をお考えの方や今お使いの入れ歯・義歯を変えられようとお考えの方は、是非、下記の内容をご覧ください。

部分入れ歯(部分義歯)と総入れ歯(総義歯)について

部分入れ歯(部分義歯)部分入れ歯(部分義歯)

部分入れ歯とは歯を失った部分に装着する取り外し式の入れ歯(義歯)です。
当院では、なるべく入れ歯(義歯)が小さく、違和感が少ないものにするためにブリッジ治療についても積極的にご提案させて頂きます。
(※ブリッジとは、欠損歯と両側の歯を支えに、接着剤で固定する治療方法です。)

部分入れ歯は、取り外し式であり、残っている歯にバネをかけて固定します。そのため、残っている歯の治療を行うことや入れ歯だけでなく、残存する歯のメインテナンスをこまめにする必要があります。

新しい入れ歯に慣れるまで、少し時間がかかるかもしれません。

総入れ歯(総義歯)総入れ歯(総義歯)

すべての歯を失った場合に使用する取り外し式の入れ歯です。

特に総入れ歯は、違和感がある、外れやすいなどのイメージをお持ちの方も多いようです。しかし現在の総入れ歯は大変精巧なものになっており、違和感や外されやすさは以前より改善されています。口内を清潔に保つためには、部分入れ歯同様、メインテナンスが欠かせません。

入れ歯・義歯の種類(材質の違い)について

レジン床義歯(保険適用)

レジン床義歯(保険適用)

歯肉に触れる部分をプラスチック素材で作った入れ歯です。金属素材よりも多少厚みがあるので、装着時に少し違和感を覚えることがあるかもしれません。 また、プラスチック素材なので、落とすと割れてしまうことがありますが、簡単に修復することができます。

チタン床(自費)

チタン床(自費)

生体との適合性が最も優れていて金属アレルギーの心配がない入れ歯です。比重が4.5と大変小さいためアルミニウムに次いで軽く、そして丈夫でです。薄く、細く義歯の理想的な設計ができる点でも優れています。また、温度の伝導が良いです。

コバルトクロム(自費)

コバルトクロム(自費)

コバルトクロムもチタン床と同じく金属床の一種です。
この入れ歯も精度が高く、厚みも薄く作ることができ、自由に設計ができます。
これらの入れ歯は、保険の入れ歯の約1/3の薄さで、熱伝導も良く快適な口腔環境でお過ごし頂けます。

ゴールド(自費診療)

ゴールド(自費)

歯肉に触れる部分を金属素材で作った入れ歯です。使用する金属素材には、ゴールドチタン、コバルトなど様々な種類があり、プラスチック素材よりも薄く作ることができます。 そのため、装着時の違和感は緩和されます。薄い割に強度が高く、落としても割れることがありません。

ノンクラスプデンチャー(自費)

ノンクラスプデンチャー(自費)

金属の止め具のない入れ歯です。金属の止め具がない為、金属アレルギーの心配がないので、金属アレルギーの方にお薦めです。 ノンクラスプデンチャーは薄く軽く、しなやかさを兼ね備え、非常に丈夫で、審美的な面でも非常に優れており、見た目が自然で美しい入れ歯です。

磁性アタッチメント(自費)

磁性アタッチメント(自費)

磁石式入れ歯は、バネで維持する従来の入れ歯と違って、バネの代わりに磁石の力で固定する入れ歯なので、ぴったり吸着します。入れ歯にハイテク磁石(小形磁石)を取り付け、歯根に「磁性金属(キーパ)」という磁石に吸着するパーツを取り付け、2つの吸引力で入れ歯を吸着させます。

ノンクラスプデンチャー=金属の無い入れ歯(義歯)について

ノンクラスプデンチャーとは、金属の止め具のない入れ歯(義歯)のことです。 金属の止め具がない為、金属アレルギーの心配がないので、金属アレルギーに敏感な方にお薦めです。 非常に丈夫で、しなやかさを兼ね備え、しなやかさは、お口の中での安定を守ります。

また、金属の止め具のない入れ歯(義歯)のため、入れ歯(義歯)と目立たなく、審美的な面で非常に優れており、見た目が自然で美しい入れ歯(義歯)です。ノンクラスプデンチャー(=金属の止め具のない入れ歯・義歯)の特徴は、以下となります。

痛くない特殊クッションで歯茎を優しくガード

特殊クッション(シリコン)とは、柔軟なゴムのような物質で、心臓のペースメーカーやチューブなど外科手術でも使用されており、安全性の高い素材です。 これを入れ歯のピンクの部分に張り付ける事で、硬いプラスチックが直接歯ぐきを押さえつける事がなくなり、「入れ歯が当たって痛い!」 という不快感が少なくなり、よく噛めるようになります。

針金がないので、自然な見た目で笑顔に自信を

この入れ歯には、従来の入れ歯によく見られた針金の引っかけがありません。ですので、大きく笑ってもお口の中から不自然な銀色の金具が見える事は無く、笑顔に自身が持てるようになります。自然な笑顔を出せる事は、何にも代えがたい幸せであります。

割れない・壊れない、だからこその保証付き

この入れ歯は、従来の硬いプラスチックと全く異なる材料でできています。だから、強い力で噛んで割れた、落として壊れたと言ったトラブルが無い為、安心してお使い頂けます。 また、自信があるからこその保証書をお付けいたします。

にしだ歯科クリニック

〒594-0023
大阪府和泉市伯太町6-11-45
TEL:0725-44-1188

診療時間
午前診療9:00~12:00
午後診療13:00~18:00
※月・金午後 14:00~20:00
【土曜日も日曜日も診療】
【休診日】木曜日、祝祭日

ご予約・お問い合わせ

和泉市の歯科(歯医者)にしだ歯科クリニック0725-44-1188
ネット診療予約ネット診療予約
ネット診療予約
フェイスブック
インスタグラム