Loading...

骨造成

骨量が少なくてもインプラントができます

骨造成について

骨造成

インプラント治療を考えていたのに、他院にて「骨が少ないからインプラントはできません・・・」といったようなことが原因でインプラント治療を断念された方も諦めないで下さい。

骨造成といった技術で、インプラント治療が可能になります。

和泉市の歯科医院(歯医者)にしだ歯科クリニックでは、骨造成にも対応しておりますので、骨の量の関係で、インプラントを断念されていた方は、是非、当院へご来院下さい。

当院では、供血用遠心機メディフュージュを完備しており、骨や歯茎などが足りない場所に血液を特殊な遠心分離器にかけてできたゲル状のフィブリンと濃厚血小板をいれて再生を促すCGF療法や自己多血小板血漿注入療法=PRP療法にも対応しております。

再生医療 CGF法とPRP法について

CGF法とPRP法CGFとは、Concentrated Growth Factorsの略で、血小板・成長因子が豊富に含まれた「添加物を一切含まない完全自己血液由来フィブリングゲル」です。供血用遠心機メディフュージュ供血用遠心機メディフュージュで遠心分離を行うことによって、血液中の赤血球などが分離され、同時に凝固因子が自然に刺激されて、添加物を一切含まないフィブリンゲルが形成されます。

CGFの大きな特徴として、交差感染リスクが存在するいかなる添加物も使用しない100%自家濃縮血小板で、製作過程が単純で常に安定した濃縮血小板が得られる長所があり、上顎洞底挙上術、骨再生誘導 術(GBR)、軟組織治癒促進、歯周再生手術等の歯科及び口腔外科関連手術でより早い組織再生効果が期待できます。

具体的には、インプラント治療でどのようなシーンで役立つかというと、多様な成長因子を含む血小板が濃縮されているフィブリンゲルは、軟組織の治癒と骨組織の再生を促進し、治癒期間短縮につながり、また、濃縮血小板の濃度が高いので、骨移植材と混合して使用することによって新生骨再生を促進します。そのため、上顎洞底部の骨造成術では骨移植材の代用としても使用が可能です。

添加物を一切含まない完全自己血液由来フィブリングゲル
添加物を一切含まない完全自己血液由来フィブリングゲル
また、上顎奥歯の部位で骨の高さが足りない場合などの難症例も、骨造成技術によりインプラントが可能になります。?
これも、以前は御自分の顎骨や腸骨を採取したりしていましたが、現在は人工の骨補填材と御自分の 採血した血液から分離させた血小板を多く含んだ血漿(PRP)を混ぜることにより、造骨が可能になりました。

PRP法を創傷治癒のために用いる理由は、活性化した血小板は創傷の治癒や骨の造生に関与する成長因子を分泌し、欠損部に血小板を豊富にすることによって治癒期間の促進をはかることができるためです。

和泉市の歯科医院(歯医者))にしだ歯科クリニックでは、CGF法やPRP法を併用し、以下のような骨造成に対応しております。

GBR法(骨誘導再生法)

GBRはGuided Bone Regenerationの略で骨誘導再生法と呼ばれる骨を増やす方法の一つです。

インプラント治療には充分な骨幅が必要です。
骨が少ない方の場合には骨を増やす必要性があり、十分な骨の量がない場合に用いる術式の一つです。

GBR法(骨誘導再生法)GBR法(骨誘導再生法)

ソケットリフト

ソケットリフト法は、上顎の骨を隔てたすぐ上、頬骨の奥にある上顎洞と呼ばれる空洞を利用して骨移植材を充填し、骨に厚みを加える術式です。 インプラント体の挿入口から移植骨や骨補填材を挿入して、より簡便で安全に上顎洞の底部分を押し上げます。

骨の高さが足りない状態

骨の高さが足りない為、この状態ではインプラントが埋入できません。

穴を空け人工骨補填材を填入

下の骨から人工骨補填材を填入します。

上顎洞底を押し上げ

専用器具で、上顎洞の底部分を押し上げます。

インプラント埋入

十分、押し上げたところで、インプラントを埋入します。

押し上げた部分は4~5ヶ月で骨に代わります。

また、下記の画像は、当院で実施したソケットリフトの画像データです。インプラントを埋入している箇所に骨が増えているのをご確認頂けると思います。和泉市の歯科・歯医者にしだ歯科クリニックでは、このようにソケットリフトなどの骨造成にも対応しておりますので、他院様で骨の量が少ないからインプラント治療ができないと断られた患者様もまずは当院へご相談下さい。

ソケットリフトソケットリフト

サイナスリフト

サイナスリフトは、上記のソケットリフト同様、上顎洞挙上術ですが、非常に骨量が少ない方に対して用いる術式で、骨造成の中でも難しい術式です。

また、ソケットリフトは狭い範囲での手術に対し、サイナスリフトは広範囲での手術になるため、患者様の負担が大きくなる術式です。

切開し、骨窓を作る

人工骨を填入する空洞を作る為に、上顎洞の側面を切開します。

シュナイダー膜を露出

シュナイダー膜=上顎洞粘膜と歯槽骨を剥がします。

人工骨を填入

空洞ができた部分に、人工骨を填入します。

骨の形成後、インプラント埋入

術後、3~6ヶ月で人工骨が安定したら、インプラントが埋入できます。

にしだ歯科クリニック

〒594-0023
大阪府和泉市伯太町6-11-45
TEL:0725-44-1188

診療時間
午前診療9:00~12:00
午後診療13:00~18:00
※月・金午後 14:00~20:00
【土曜日も日曜日も診療】
【休診日】木曜日、祝祭日

ご予約・お問い合わせ

和泉市の歯科(歯医者)にしだ歯科クリニック0725-44-1188
ネット診療予約ネット診療予約
ネット診療予約
フェイスブック
インスタグラム